GAP普及推進機構/GLOBALG.A.P.協議会

国際第三者認証グローバルギャップ情報サイトへようこそ

日本学術学会公開シンポジウム(2019年11月30日)

約 2 分
日本学術学会公開シンポジウム(2019年11月30日)

日本学術学会公開シンポジウム「東日本大震災に係る食料問題フォーラム2019」が開催されます。

東日本大震災によって引き起こされた原発事故により、放射性物質が環境中へ放出され、食料資源の生産現場にも大きな被害をもたらしました。この事故から既に8年が経過し、福島産の農林水産物についても安全モニタリングの普及や自主検査などにより、市場には厳しい安全規制をクリアした食品しか流通していませんが、消費者は福島県産の食品に未だ不安を抱いています。そこで本フォーラムでは、事故から8年を振り返り、いかにして福島県産の食品の安全性を消費者に理解してもらうことができるのか、農林水産業の現場における活動および食品の流通から食卓までの安全の取り組みを議論し、福島県農林水産業復興の加速に資することを目指します。
日時:2019年11月30日(土)13:00-17:00
場所:国立大学法人福島大学 L4教室(福島市金谷川1番地)
参加費・事前登録不要
詳しくはこちらをご覧ください