GAP普及推進機構/GLOBALG.A.P.協議会

国際第三者認証グローバルギャップ情報サイトへようこそ

ニュース

Category
日本学術学会公開シンポジウム(2019年11月30日)

日本学術学会公開シンポジウム(2019年11月30日)

日本学術学会公開シンポジウム「東日本大震災に係る食料問題フォーラム2019」が開催されます。 東日本大震災によって引き起こされた原発事故により、放射性物質が環境中へ放出され、食料資源の生産現場にも大きな被害をもたらしました。この事故から既に...
GAPシンポジウム(2020年2月開催)

GAPシンポジウム(2020年2月開催)

2020東京オリンピック・パラリンピック大会の開催で我が国の農業界に突き付けられたGAP認証の取得は、農業生産者の実践が持続可能な農業であることを証明することで社会的責任を果たすというグローバルな要求事項です。それはサプライチェーン全体の信...
被災された産地の皆様へ

被災された産地の皆様へ

このたびの豪雨により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い復興を祈念いたします。
フォトキャンペーン(認証産地の皆様)

フォトキャンペーン(認証産地の皆様)

【まだ間に合います!】 毎年恒例のグローバルGAPフォトキャンペーンは9/30に締め切られます。 応募作品はグローバルGAPのウェブサイトやニュースレターに掲載されます。また、優秀作品は大判一枚もののカレンダーに印刷されます。申込は簡単。ぜ...
島根県立出雲農林高等学校

島根県立出雲農林高等学校

2018年12月にグローバルGAP認証を取得した島根県立出雲農林高等学校は、2019年8月に海外研修でドイツを訪問しました。GLOBALG.A.P.本部(FoodPLUS)でのプレゼンや、流通事業者の物流ヤード視察、食品見本市での出展を通じ...
GGAPの抜き打ち審査について

GGAPの抜き打ち審査について

GLOBALG.A.P.認証産地が日頃正しく営農活動を行っているか、審査会社が抜き打ち審査をするルールになっていますが、実は、審査会社自体もGLOBALG.A.P.本部から抜き打ち審査を受けています。これは審査の品質を維持するためであり、G...
GGAPの改善活動-技術委員会の活躍

GGAPの改善活動-技術委員会の活躍

GLOBALG.A.P.は約4年に1回大きなバージョンアップがあります。その間にも生産現場の実態や社会の要請にあわせて技術委員会(NTWG)が協議を重ね、基準文書の改善(小さなバージョンアップ)があります。例えば今回バージョンが5.1から5...
タイに青果物を輸出する皆様へ

タイに青果物を輸出する皆様へ

2019年8月25日より、タイに青果物を輸出する際は、梱包施設の食品衛生に関する要求事項を満たした証明書が必要となります。 「GLOBALG.A.P.ver.5.1, 5.2 (収穫以降の工程が認証範囲に含まれているもの)」は、タイ王国FD...